ルーヴル美術館と聖書

Resumen del Libro

libro ルーヴル美術館と聖書

最初の本はあなたを旅へと誘います。 その旅は遠くはバビロンの沖から、そして近くはセーヌ河のほとりまでです。 石碑や書字版、また円筒碑は私たちに何を語りかけるでしょうか? 聖書に書かれていることは信頼できるのでしょうか? 次の点をご存知でしたか? バビロニア人、エジプト人またはローマ人が祝っていた新年の前日の祭りは異なった日に祝われていた。 イコンの頭の上にある後光は太陽崇拝から来ていた。 ハンムラビ法典は恐らく聖書の律法の先駆者ではなかった。 処女と幼子のシンボルはキリスト教以外の宗教にも見られる。 かぎ十字を含む様々な十字架はイエス・キリスト以前に既に存在していた。 古代ヘブライ語で書かれた神のお名前はルーブルにある石に見いだせる。 この聖書ガイドは聖書の信ぴょう性を試すのに役立つという意味で、全く新しくオリジナルのものです。

Autores del libro

Opinión de la crítica especializada

POPULAR

4.2

55 valoraciones en total

Opciones de descarga

Si te apetece puedes conseguir una copia de este libro en formato EPUB y PDF. A continuación te mostramos una lista de opciones de descarga directa disponibles: